シェル出し

痛い、しびれる、ぶかぶかする、500マイルでは、そんなあなたの悩みを、解消します。

シェル出しとは

ブーツが足に合わない、くるぶし、舟状骨、小指付根、甲、つま先など
部分的にブーツが足に当たり、痛い所がある場合、
シェル、つまりブーツのプラスチックを、ヒートガンで温め、専用マシンで
形を変形させて、足の形に合わせる作業の事です。

イメージ画像

専用ヒートガンでシェルを温めます。

イメージ画像

しっかり熱の入ったシェルをマシンで加工する。

痛みは、ブーツが大きいため起こる場合、小さすぎて起こる場合、カントが合ってないため起こる場合など色々な、問題点が考えられます。まず、ブーツを購入する際左右の足を、しっかり計測してもらい、縦のサイズをしっかり合わせましょう。


イメージ画像

シェル出し後はすぐにコールドスプレーで冷却。

イメージ画像

完成!

それでも、足の幅や、ボリュームが合わないケース必ずあります。そんな時には、自分の足にあわせて、ブーツチューンをして、世界に1足だけの自分専用ブーツを作っては、いかがでしょうか!


シェル出し 1箇所 ¥3,000- 10分程度

カント調整・改造

カントとは、傾斜(傾き)を意味します。ブーツで言うカントは足に対する、ケイ骨の傾きを意味します。
ケイ骨の傾きは人それぞれ微妙に違うためブーツの傾きもその人に合った傾きが必要となるのです。

カント調整とは

まず、カント調整と言っても何が正確なのかその根拠は、かなり難しいと思います。
一番分かり易いのは、調整をしながらゲレンデで滑りながら、どの位置に合わせた時が滑り易かったのかその位置を覚えておくことです。
しかし、そんな原始的なことは、やっていられません。
500マイルでは、お客様の目で見て確認できるカント測定機(ピドスコープ)をつかい、フラットに立てるスキーブーツを作ります。

イメージ画像

500マイルオリジナルのカント測定機ピドスコープ。

イメージ画像

スタンスは肩幅、軽く膝を曲げて立つ。

イメージ画像

素足は真っ直ぐの足でもブーツによってねじれることがある。


イメージ画像

ブーツのインサイドに力が加わっている。

イメージ画像

フラットで立っている良い状態。

イメージ画像

ブーツのアウトサイドに力が加わっている。


カント改造とは

ケイ骨の傾きがキツイため、ブーツに付いているカント調整範囲では足りない場合、
ロアシェルとアッパーシェルを一度分解して、ヒンジ(ビス)を打ち直して傾き範囲を強くする作業です。

イメージ画像

改造前

イメージ画像

改造中

イメージ画像

改造後


シェル・インナー改造

アウターシェル、インナーブーツの加工です。

シェル、インナー加工とは

イメージ画像

フレックスダウン

アウターシェルのフレックスダウン、ロアシェルにスリットを入れたりアッパーシェルの高さカットして、膝入れをしやすくする。


イメージ画像

フレックスアップ

アウターシェルのフレックスUP、アッパーシェルにプレート装着、アッパーシェルとロアシェルをビスで固定して,強度をUPする。


イメージ画像

スネの痛み加工

インナーブーツの糸ほつれ、やぶれ、スネの痛み解消、くるぶしの当たり解消に伴う加工。


シェル改造 1箇所 ¥5,000~ 30分程度

インナー改造 1箇所 ¥3,000~ 30分程度

インソール

イメージ画像

人間の足は、千差万別、足の形はだれでも左右差がありサイズはもちろん土踏まずの高さ、足幅など、自分の足をもっと、詳しく知る必要があります。足型を計測し、力強く安定したスキー操作を実現できるチャンスです。あなただけのカスタムメイドインソールを作ってみませんか。


アシックス アムフィット ¥6,000

768本のぴんがあなたの足を正確に測定。コンピューター管理なので、誤差が少なく調整可能な優れもの。
インソールは、専用マシンで削りだし。オリジナルインソールなのに、低価格。500マイルの一押しインソールです。

イメージ画像

①アシックス アムフィット

→
イメージ画像

② 足のチェック診断

→
イメージ画像

③ 足型計測

→

イメージ画像

④ 足型をコンピュータにインプット
  してデーターを保存する

→
イメージ画像

⑤ アムフィット専用カットマシンで
  インソールを自動で削ります

→
イメージ画像

⑥ 角を丸くしてインナーになじむよ
  うに微調整

→

イメージ画像

⑦ 手仕上げ後、インソール表面に、
  表皮を貼り付ける

→
イメージ画像

⑧ 表皮をカット

→
イメージ画像

⑨ 完成


コンフォーマブルシダス ¥13,000

専用バキュウム測定器にて、あなたの足型をとり温めたインソールの上に乗り冷えたら完成。
コンフォーマブルには、沢山の種類がありますが500マイルでは、一番硬いタイプを用意してあります。

イメージ画像

① コンフォーマブル・シダス

→
イメージ画像

② 足のチェック診断

→
イメージ画像

③ 足型計測

→

イメージ画像

④ 足型

→
イメージ画像

⑤ ヒーティング

→
イメージ画像

⑥ 足のせ

→

イメージ画像

⑦ コールドスプレーで冷却

→
イメージ画像

⑧ 手仕上げ

→
イメージ画像

⑨ 完成



インソールは、スキーやボードだけのもではありません。
ゴルフ、テニス、陸上、サッカーなどあらゆるスポーツにご利用できます。
その他、足で悩んでいる方にも話し合いながら今よりも満足する一足をお作りする事ができると思います。

インナー

フォーミングインナー

インナーブーツの中綿素材にウレタン材といった素材を注入して、くるぶし、アキレス腱、かかとなど足の形をしっかりと作り、ノーマルインナーよりも硬く仕上げ、フィット感をUPするスペシャルインナー。

イメージ画像

① フォームインナーと注入する液体

→
イメージ画像

② シワや注入口に詰りがないか
  チェックする

→
イメージ画像

③ 専用ガンでタング部分のフォーミ
  ング、自分の脛の形に成形します

→

イメージ画像

④ 足首周辺にフォーミング液を入れ
  てカカトのホールド感UP

→
イメージ画像

⑤ ホースをぬく。エア抜き。

→
イメージ画像

⑥ 入り具合チェック。完成!



フォーミングインナーは、フィット感滑りのダイレクト感をUPするものです。
足の痛みや、カント調整などすべての悩みが、解消する訳ではありません。

料金表

コンフォーマブル フル ¥55,000
レグザム タングアキレス ¥44,000
レグザム アキレス ¥38,000
持込み フォーミング作業 ¥35,000


サーモインナー

熱成型によるインナー。
インナー全体に形が付き足の型は、もしろんシェルの型まで成型できる、ソフトタイプのフィッテイングインナー。

イメージ画像

① サーモインナー用ヒーティングマシン

→
イメージ画像

② サーモインナー

→
イメージ画像

③ ヒーティングマシンの中で温め中

→

イメージ画像

④ 足入れ

→
イメージ画像

⑤ 冷却、完成



サーモインナーは、1回成型したら終わりではなく、2度、3度と再成型が可能です。

料金表

持込み作業代 ¥3,000
2回目再生代 ¥1,500


カスタムフィットインナー

見た目は、従来のノーマルインナー
タングの内側、くるぶし、アキレス腱などもっとも敏感な部分に熱を当てて型を作る、とても便利なフィッテイングインナー。

イメージ画像

① カスタムフィット用ヒーティングマシン

→
イメージ画像

② カスタムフィットインナー

→
イメージ画像

③ マシンをブーツの中に入れて温め中

→

イメージ画像

④ 足入れ

→
イメージ画像

⑤ 冷却、完成



カスタムフィットインナーは、サーモインナー同様、2度、3度と再成型が可能です。

料金表

持込み作業代 ¥3,000
2回目再生代 ¥1,500

バックル・ブースター

バックル交換・移動

ふくらはぎに、ボリュームがありバックルが届かない、逆に足が細くてバックルがゆるい。
そんな場合は、バックル移動がお勧めです。

イメージ画像

① 取り外し

→
イメージ画像

② 元の穴を溶接

→
イメージ画像

③ 新しい穴を開ける

→

イメージ画像

④ 新しい場所に取付け


1箇所 ¥3,000- 10分程度

ブースター取付け

BOOSTER STRAPは、スキーのフレックスを生み出すパワーの根元であり、
リカバリー能力を最大限に保つために開発された画期的なPOWER STRAPです。

イメージ画像

① ブースター

→
イメージ画像

② 取付け中

→
イメージ画像

③ 完成


取付け費込み ¥7,000〜


このページの先頭へ